にきびの治療法

効率よく治療

ニキビ治療を行う上で、多くの方が悩んでいるのが
セルフケアでは対処することが出来ない
ニキビ跡の状態です。

色素沈着として残っている場合もあれば、
炎症が進行することで肌細胞が破壊されてしまい、
クレーターと呼ばれる肌のへこみが目立つ状態に
なってしまう方も少なくありません。

こういったニキビ跡を綺麗に修復するニキビ治療として、
実際に利用されているのがブリッジセラピーです。

注目の療法

このブリッジセラピーは炭酸ガスレーザーを
使用することで、肌の組織を蒸散させて、周囲への
熱影響を最小限に抑えつつコラーゲン生成を
促進させます。

この施術によって小範囲のニキビ跡も周りには
ダメージを広げずにピンポイントで治療が行えます。

照射後は肌内部にコラーゲン造成が行われていくので
自然に内側から皮膚が盛り上がりクレーターを
目立たなくすることが可能です。

ブリッジセラピーの特徴の一つが、独自のテクノロジー
によってスポットサイズや照射密度、熱の深達度などを
自在に調整することが出来るので、施術を受ける
患者の症状に合わせた治療が行えることも
最大のメリットになっています。

ダラシンTゲル1%の効果

ニキビ治療の中でも一番重要といわれているのが、
炎症を起こす前に早めに対処をすることです。

早めの対処

初期のニキビは毛穴の中に皮脂や角質が蓄積して
毛穴詰まりを起こしている状態となっています。

初期の状態であれば適切なスキンケアを行っていれば
自然治癒することが出来ますが、汚れた手で
触れてしまったり、アクネ菌の繁殖が進行すると
化膿性の炎症を引き起こしてしまいます。

炎症を起こして患部に赤みや痛みが感じるようなら、
出来るだけ早めに皮膚科に相談して塗り薬などを
処方してもらいましょう。

医療機関ではニキビ治療としてダラシンTゲル1%を
処方してくれる場合が多いです。

ダラシンTゲル1%はリンコマイシン系の抗生物質の
一種で、最近のタンパク合成を阻害し、抗菌作用を
示すことが出来ます。

ニキビの原因となるアクネ菌やブドウ球菌に対して
有効であり、継続して利用すればアクネ菌の増殖を
鎮めて炎症を抑えることが可能です。

トップに戻る 抗生剤 ニキビ治療を状態に合わせた治療 大人のニキビ治療の方法 背中にきびを治すため ニキビ跡治療中 セルフケア 施術 sitemap 女性ホルモンバランスが崩れる  ステロイドなどの薬が使えない  プラセンタ注射  費用   ニキビ治療には抗生剤・ビタミン剤・ピル  レーザー治療 皮膚科でニキビ治療を診断 背中ニキビの原因 ニキビがなかなか治らない ニキビ治療をきちんと行うために 名医を見つける方法 抗生物質の処方 

(C)nikibi naosu

produce by seleb item