にきびの治療法

ホルモンバランス

妊娠中は、ホルモンバランスの変化やつわりによる
偏食などによりニキビができやすくなります。

また、ストレスや運動不足などにより新陳代謝が
低下することも原因の一つです。

さらに、妊娠中は、ステロイドなどの薬をニキビ治療で
使うことができないため、注意が必要です。

ニキビが悪化する前に薬を使わずに改善できる
方法から試していきます。

スキンケア

妊婦さんは、肌が敏感になっているため、
ニキビや皮膚の状態にあわせてスキンケアを
行う必要があります。

できるだけ刺激が少ないものを選ぶようにすることが
ポイントです。

メイクをする場合でも毛穴を詰まらせないような
オイルフリーのパウダーファンデーションを
選ぶようにします。

メイク

また、脂っこいものは控え、野菜などを中心とした
バランスの良い食事を心がけます。

使えない薬が多くてもニキビ治療が
できないわけではないため、セルフケアを
行っても治りが悪い場合には、妊婦であることを
申告した上でニキビ治療を受けることです。

トップに戻る 抗生剤 ニキビ治療を状態に合わせた治療 大人のニキビ治療の方法 背中にきびを治すため ニキビ跡治療中 セルフケア 施術 sitemap 女性ホルモンバランスが崩れる  ステロイドなどの薬が使えない  プラセンタ注射  費用   ニキビ治療には抗生剤・ビタミン剤・ピル  レーザー治療 皮膚科でニキビ治療を診断 背中ニキビの原因 ニキビがなかなか治らない ニキビ治療をきちんと行うために 名医を見つける方法 抗生物質の処方 

(C)nikibi naosu

produce by seleb item