にきびの治療法

化粧水

ニキビ肌の場合は、どうしてもさっぱりとした
使い心地の化粧水を選んでしまいがちですが、
実際に必要なのはさっぱりではなくしっとり、
つまり保湿性の高い物を選ぶ必要があります。

化粧水

悩ましいにきび治療に考えるべきこと

また出来るだけ低刺激の物を選ぶのもポイントなので、
まずはニキビ治療の為に化粧水を選ぶ場合は
使用感を重視する選び方をしましょう。

またもう一つはノンコメドジェニックのものを選ぶと
いうことです。

これはニキビができにくい成分を使っている
化粧品の事で、ニキビ治療を行う上では
とても重要なポイントになります。

化粧水の中には一見肌に良さそうな物が
大量に含まれている物も多数存在していますが、
成分によってはアクネ菌の栄養になってしまう物も
珍しくありjません。

保湿

従って効果的に美容皮膚科ならではのニキビ・しみ治療をする為にも、
出来るだけニキビを増やさないように
配慮している製品を選びます。

出来れば小さなタイプが売っていたらそれを購入して、
肌への影響を見ておく事も必要です。

そうすれば肌トラブルを出来るだけ起こさないで
ニキビ治療が出来る化粧水を見つけやすくなります。

ニキビの初期症状が出ないノンコメドジェニックとは

ニキビ用の化粧品で表記してあることが多いのが、ノンコメドジェニックというものです。

これは、ニキビの初期症状である毛穴の詰まりが起こりにくいような成分で構成されいることがテストによって証明されているということをあらわしています。
ニキビは赤く炎症を起こしているものという印象が一般的にはありますが、その前の段階で皮脂や角質が詰まった状態になるのが初期の段階です。

ここに雑菌などが繁殖すると、赤ニキビや白ニキビと呼ばれるような状態になります。
その初期段階にならないようにするためには、それに見合った処方の化粧品を使うことが最も重要です。皮膚に刺激のある成分が配合されていたりすると、ニキビの原因になることがありますので配合されている成分には注意して選ぶようにしましょう。

皮膚トラブルの中で、多くの人が悩むことがあるニキビはなるべく肌を清潔に保つことが出来る成分が配合されているものが望ましいです。
余計な油分や添加物などが配合されていると、毛穴が詰まってニキビができやすくなりますのでそのようなものが入っていないものを選ぶのがポイントとなります。

その為に有効な処方が、ノンコメドジェニックというもので多くのメーカーで採用されています。

ピル  ホルモンバランス  プラセンタ注射  費用   内服薬  レーザー治療 軟膏  

(C)nikibi naosu

produce by seleb item